自分でパソコンの処分が難しくなってきたらきちんとした業者に任せてしまいましょう

大型中古書店の登場により、中古品の扱いに対する違和感が減ったようです。かつての古本屋もしくは古道具屋そして質屋などへは、ちょっと近寄り難い人もいたでしょう。しかし今時の中古ショップには清潔感があり、おしゃれですよ。なのでパソコン処分の相談に出かけてみませんか。

■中古ショップは何でも買ってくれる
今に始まったことではありませんが、中古ショップは何でも買い取ってくれます。もちろん実際には売れない物もあるでしょう。その場合には廃棄という形で引き受けてくれることもあります。つまり裏のルートや処分方法を持つ中古ショップが
少なくないからです。

例えばパソコンであれば利用法は様々です。メンテナンスをして中古品の形で売るケースが一般的です。またはパーツでばら売りすることも可能です。何故か壊れた家電をありがたがって買う人がいるようです。古いタイプのパソコンを欲しがる人が、古道具屋巡りをしていることもあります。

自分でパソコンの処分が難しくなってきたらきちんとした業者に任せてしまいましょう

中古品は奥が深いですよ。

アドバタイズメント・パソコンのデータ処分、廃棄はおまかせ下さい http://www.pczero-web.com/

■注意点を確認!
だからでもありますが、中古ショップにパソコン廃棄を依頼する際には注意しましょう。つまりデータを漁っている人もいるからです。中古パソコンを見つけてハードディスクの情報を復元させる!そのデータを、その筋の人たちに売却する事例もあります。

素人にはデータ消去が難しいですね。ちょっと怪しい中古ショップの場合には気をつけたいものです。なお中古ショップに、自分が売ったパソコンが並んでいると、不思議な気分かもしれません。それが嫌なら当分お店に行くのは控えましょう。

■実際にどうするか
パソコン処分なのか廃棄なのか。限りある資源です。可能な限りリサイクルすべきなのでしょう。その際に中古ショップなら、少しでもお金になります。お互いがウィンウィンになれるので、この方法が第一選択になるかもしれませんね。

◆廃棄業者でパソコン処分して問題はないか

昔は廃品回収というシステムがありました。もちろん今でもありますね。白い軽トラがスピーカーで叫びながら、何でも引き取ります!とはいえそうした自称、廃棄物取扱業者にパソコン処分を依頼しても問題はないのでしょうか。

■専門の廃棄物取扱業者にお願いしましょう
あなたが持っているパソコンは、捨てる際には廃棄物となります。そして廃棄物に関しては法律があります。それに従った処分方法が求められます。最も一般的なのは、自治体による回収です。とはいえパソコン廃棄は別扱いされることもありますね。

粗大ゴミならお金がかかります。ならば廃棄業者にお願いしましょう。専門の引き取り業者であれば、他の不要品も一緒に処分してくれますよ。引越し時などにまとめると、割安になることも多いですね。昨今は遺品整理にも対応してくれるようです。

なお自治体が配布するガイドブックには、許可を受けた廃棄物取扱業者の一覧が掲載されていることもあります。参考にしてみましょう。

■デメリットとなるようなことは無いのでしょうか?

廃棄業者でパソコン処分して問題はないか

不用品を無料で引き取ります!嬉しいですね。とはいえ白い軽トラで回って来る業者は、基本的に違法です。つまり廃棄物の処分には自治体からの許可が必要です。そして回収する車には、その旨を記載する義務があります。さらに使える車の形式にも決まりがあります。

もちろんパソコン廃棄を依頼した人に罰則規定はありません。しかし違法の片棒を担ぐのは、控えた方が無難ですね。中には無料と宣伝しつつも、お願いすると、これは有料です!そんな事例も少なくありません。トラブルになることは避けたいですね。

■業者に処分をお願いするなら
他に処分方法がないなら仕方ないでしょう。とはいえ基本的に住宅街を無目的で回っている業者を相手にしてはいけません。正式な廃棄物処理業者にお願いしましょう。

◆友達にパソコンを譲る時もデータ削除を処分業者などに相談してみて

お金をかけずにパソコン廃棄をするために、捨てずに友人や知人に譲るということもあるでしょう。その場合は、基本的に人からパソコンを譲り受けるというような人はパソコンにそこまで詳しい人ではないことが多いので、データの抜き取りなどが行われる心配はないでしょう。

しかし、だからと言ってデータ削除などを怠らないようにしましょう。

■詳しくない人に譲るのになぜデータ削除は必要か
データ抜き取りの心配がないのならば、初期化程度でいいのではないかと思うかもしれませんがそれは大きな間違いです。何故なら、その譲り受けた友人がパソコンに詳しくないといことはちょっとした事でスパムなどに感染し、元のデータが流出してしまったりする危険性があるからなんです。

つまり、友人にはその気はないのに残っていたデータが流出してしまうという可能性もあるんですね。

■友人のパソコン処分の際も危険
そして、もう一つの危険性はその友人がその譲り受けたパソコンを使わなくなった際の処分時の問題です。その友人が、ちゃんとやり方を勉強してくれればいいのですがろくにハードディスクのデータ削除もやらずに適当な回収業者にパソコンをそのまま渡してしまうというケースも考えられなくはないのです。

友達にパソコンを譲る時もデータ削除を処分業者などに相談してみて

そうすると、十分に削除しきれていなかった自分の個人情報まで漏洩してしまう危険性があるわけです。

■まとめ
基本的に、パソコンは廃棄処分するにしても売却するにしても移譲するにしても自分の手元から手を離すのであれば必ずハードディスクは念入りに削除しておきましょう。パソコンのハードディスクは個人情報の塊でとてもお金になりますので、それを不用意に使われないように自己防衛をするのは必要なことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ